自分だけのオリジナル

実印イメージ

あなたは自分だけの印鑑というものを持っていますか。

印鑑といっても、今ではスーパーマーケットといった身近なところで購入することができます。
つまり、誰でも手に入れられるものなのです。

しかし、ここでわたしがいっている印鑑は、どこでも売っている印鑑ではありません。
世界に一つといっても過言ではない、自分だけの印鑑を持っているかということです。

印鑑を実印として使用する場合、多くは重要な書類などの証明に必要となります。
実印は変更することができますが、それには複雑な手続きが必要となります。
これらの手間を考えれば、出来ることなら一つの印鑑を長く実印として使いたいと考えるのが普通ではないでしょうか。

その弊害として、女性の場合、結婚してから苗字が変わり、今まで実印として使用していた印鑑が使用できなくなる、ということが一つとしてあります。

そこで、わたしは女性が実印として使う印鑑は名前で彫ったものをすすめています。
これは、スーパーマーケットなどでは購入できません。
専門店で彫って作ってもらうことになりますので、印鑑にそんなに時間やお金をかけられないという方もいると思います。

私も以前までその考え方でしたが、両親から社会人になったお祝いとしてもらった名前で彫ってもらった印鑑をきっかけに考え方に変化がありました。

名前は両親からもらった一生変わることのないものであり、その名前が彫られた印鑑は壊れない限りずっと使い続けることができます。 印鑑は自分が責任をある社会人であることを証明する手段の一つです。

現代、働く女性が増えていますので、社会人になったお祝いとしてこだわりの印鑑を贈るのはいかがでしょうか。

お勧め記事

〔オリジナル印鑑〕

引用:

特に実印は個人が所有できる印鑑の中で、法律上や社会上の権利・義務の発生をともなう非常に責任重要な印鑑のため、同じものが2本あるという状態はいけないので、印鑑屋さんにオリジナルの印影をもつ印鑑を彫ってもらいます。

リンク先:印鑑をオリジナルで作るには

ページの先頭へ