印鑑のある暮らし

印鑑イメージ

私たちが生活していく上で、節目節目で使用していくのが印鑑です。
いくつか種類がありますが、それぞれ用途が決まっています。

まず実印。これは、役所に届け出て印鑑登録をして初めて法的な効力が生じるものです。
法的というのは、例えば家や土地を売買・賃貸したり、自動車や船を売買したりする際に、法律的な地位をしっかりと定めるために必要であるということです。

つまり、当事者に間違いないと公に認められた印鑑であるということで、一人1つしか登録することは出来ません。
会社においても会社実印と言われる代表者印が欠かせません。

続いて銀行印。実印に比べればより身近でしょう。金融機関で口座を開設したり、預金を窓口で引き出す際に必要とされます。

そして認印。こちらは、宅配便受け取りや子供の通知表の確認で押したりする最もお馴染みの印鑑です。最近では100円ショップでも売っていますので、気楽に買うことが出来るようにもなりましたね。

実印や銀行印は届け出て初めて登録される訳ですが、認印は届け出る先はありません。
自由に自分で決めて使用することができます。ですから、銀行印と兼用したり、あまりいませんが実印を荷物受け取りに使っても何も問題はありません。

しかし、実印は不動産など大きな信用と金額を必要するものに使用され、また、銀行印は通帳と偽造された身分証明書があれば簡単に全財産を奪われてしまうことになりますから、それぞれの用途で使用する時以外は目に付くところに出さないのが安全です。

ネット通販ではよりリーズナブルに3点セットの印鑑を購入することも可能ですので、一緒にしていた方は、この機会にきちんと分けてみてはいかがしょうか。

お勧め記事

〔成りすましを防ぐため〕

引用:

雑誌の広告欄などで「豪華印鑑、実印・銀行印・認印の3点セット」などという言葉を目にします。
そもそもその3本の印鑑に大きさの決まりがあるわけではないので、認印用の10.5mmサイズの印鑑を実印として印鑑登録することも可能です。

リンク先:印鑑で本人証明

ページの先頭へ