印鑑とサインの習慣

イメージ画像

前回日本では印鑑の習慣だけれども欧米ではサインの習慣だという話をしました。筆跡鑑定で本人かどうかを断定できるくらい、筆跡というものは他人が真似をできない物なのに、何故日本ではサインではなく印鑑が定着しているのでしょうか?印鑑を悪用する犯罪も後を絶ちません。

しかしそのために絶対に本人以外が持つことのできないオーダーメードの実印というものが存在するのでしょう。実印は役所に印鑑登録証明を届けますので他人が実印を悪用することはできません。それは日本の犯罪抑止のために良くできた制度だと言わざるを得ません。世界に二つと無い印鑑とその印鑑を保証するかのような印鑑登録証明書。この二者が組み合わされば鬼に金棒です。

しかし怖いのは役所に登録した印鑑証明書が第三者でも役所に行けば発行されるという事実です。私も以前会社社長付きの事務員として仕事をしていたときに役所に実印の印鑑証明書を取りに行かされたことがありました。確かにその時は実印までは持たされませんでしたが、他人の印鑑証明書を取るのが正直怖かったです。社長は私を信頼してくれていたのだ、とはありがたく思いましたが、もしこれで何かあったら…と思うと、心配でたまりませんでした。

社長はだいぶ前に信じていた人に実印を預けて騙されたことがあると言っていました。だから「君には実印までは預け無いけど信頼しているから印鑑証明書だけは頼むよ」と言われ、委任状と印鑑証明書を発行できるカードを託されたのでした。日本もサインの習慣になる日が来るのでしょうか。

銀行用の印鑑の規定
http://www.albertcove.com/
印鑑で訂正する
http://www.acanetv.com/

このページの先頭へ